この時期の韓国の気温は??

안녕하세요 ~유나입니다^^

 

皆さま、先週の台風は、大丈夫でしたでしょうか。。。><

非常に大型の台風で、当スクールも影響を受け、

休校という形をとり、皆様にもご迷惑をおかけいたしました。。。

特に関東の方では被害が大きく、

一刻も早い復興・復旧を祈るばかりです。

 

台風も過ぎ、ここ最近急に肌寒くなってきて、

秋の訪れをひしひしと感じております!

 

10月は比較的祝日もあるということで、

韓国旅行へ行かれる生徒さまが多くいらっしゃるようです*^^*

私も来週、久しぶりに韓国へ行く予定なのですが、

やはりこの時期気になるのが”気温”ではないでしょうか!?

 

地形的に見ても、韓国は日本よりも寒いことで知られていますが、

この時期は特にびみょ~な時期ですよね><

日本でもこの時期は何を着ればいいのか毎朝迷ってしまいます😢

 

先週韓国へ行って来られた韓国語の先生によると、

日中の気温はさほど日本と変わらないようですが、

特に昼と夜との気温差が激しいので注意する必要があるとのことです!!

ですので、トレンチコートなどの羽織るものや、

首元を温められるマフラーなどは、

念のため持って行ったほうがいいかもしれませんね👀

10月後半にかけては急に寒くなる可能性も大いにありますから、

私も「日本よりは寒い!」という意識で準備しようと思います👍

ちなみに私は寒がりなのでセーターを着ようと思います(笑)

 

天気予報などを見てみると、

日中は20℃を超えたりしているのに、最低気温は10℃前後や、

地域によっては寒い時で6℃の時もあったりと、

本当に気温差がすさまじいので、

覚悟して行く必要がありそうです。。。

 

そんな気温について、よく使う表現を2つ紹介致します♪

◇「気温差」は韓国語で「일교차」と言います。

例.)일교차가 너무 심하다. 気温差がとても激しい。

◇「寒がり」は韓国語で「추위를 타다」と言います。

(※「暑がり」は「더위를 타다」と言います。)

例.)나는 추위를 많이 타는 편이다. 私は寒がりな方だ。

 

今月から韓国へ行かれる方は、

風邪を引かないよう暖かくして行って来てください~*^o^*

 

 

体験レッスン・無料見学も随時受け付けております♪

↓大阪校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_umeda/contact/exp.html

↓京都校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_kyoto/contact/exp.html

↓新横浜校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_shinyokohama/contact/exp.html

 

スクールおススメの本♪

안녕하세요 ~유나입니다^^

 

今日は、京都校に置いてある本をご紹介致します♪

 

こちら「ソウルで新婚生活」と「ソウルで結婚生活 7年目」です!

実は、どちらも2004年、2008年と

かなり前に出版された本ではありますが、

今読んでも「韓国あるあるだな~」と感じるものがたくさん紹介されていて

とても面白いです*^O^*

 

著者のヨーコさんは韓国人の男性とご結婚され、韓国で生活をされています。

そんなヨーコさんの韓国での実体験が、

可愛い4コマ漫画と解説で説明されていて、

さらに4コマ漫画には韓国語も書いてあり、韓国語の勉強にもなります☆彡

 

これから韓国へ留学やワーキングホリデーで行く人、

特に韓国の方とご結婚されて韓国で生活される予定の方は、

出発前に読んでおくととてもためになる本ではないかと思います👏

 

この本にも書かれている、

私も共感した韓国あるあるを一つ紹介すると・・・

韓国のカラオケの延長サービスです!🎤

韓国のカラオケでは、延長サービスを無料でしてくれるところが多いです👀

どのくらいの時間を延長してくれるかは、

そのお店の方の気分によることもありますし、

他に待っているお客さんの有無で変わることもあり、

とてもありがたいですが、自由なのが面白いですよね(笑)

 

韓国はたまにこういうゆる~いところがあるので、

そんなところも含めていいですよね(*´▽`*)

 

今回紹介した本以外にも、

当校にはおススメの本をたくさん置いていますので、

是非是非みなさま借りて読んでくださいね~♪

 

体験レッスン・無料見学も随時受け付けております♪

↓大阪校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_umeda/contact/exp.html

↓京都校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_kyoto/contact/exp.html

↓新横浜校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_shinyokohama/contact/exp.html

 

 

 

 

 

 

 

韓国でも大人気なジブリ作品♪

안녕하세요 ~유나입니다^^

 

日本を代表するアニメと言えば、

皆さんは何を想像しますか??👀

アニメ大国と言われている日本ですが、

日本のアニメは海外からの人気もすごいですよね><

 

私は断然。。。ジブリ作品です!!✨

個人的に宮崎駿監督と久石譲さんは日本の宝だと思っているのですが、

どの作品も、どの音楽も

何回見ても、聞いても泣いちゃうのは何ででしょう。。。

ほんと2人とも天才すぎます。。。

 

そんなジブリ作品ですが、

もちろん韓国でも放映されていて、絶大な人気を誇っているそうです👏

ランキングなどもあるそうで、

3位は『天空の城ラピュタ』(『천공의 성 라퓨타』)

2位は『もののけ姫』(『원령공주』)

そして、堂々の1位は・・・

 

 

ジブリ最高峰と言われる『千と千尋の神隠し』!

韓国では「센과 치히로의 행방불명」と訳されます。

直訳すると「千と千尋の行方不明」となり、

これは「神隠し」という言葉に相当する韓国語がないためだそうですが

行方不明と言われると

ちょっとなぁ~と感じるところではあります(´;ω;`)

ちなみにもののけ姫も「원령공주」となっていて、

원령が怨霊という意味なのですが、

なんでそうなったんやと不思議でなりません(笑)

 

韓国でも大人気の『千と千尋の神隠し』ですが、

韓国の慶州(경주)にある『금산재칼국수(クンサンジェカルグクス)』

というカルグクスのお店が、

なんと、「센과 치히로의 칼국수집(千と千尋のカルググス屋)」

と呼ばれているそうです。

どんなお店なの?と気になりますよね(笑)

調べてみると、このお店までの道のりの中に、

物語の中でも印象的な、

現実世界と油屋の世界とをつなぐトンネルに似たものがあったり、

その周りの自然あふれる美しい風景から、

そう呼ばれているらしいですよ✨

 

慶州は、よく日本の京都に例えられますが、

歴史文化都市であるため、昔からの建造物なども多く、

『금산재칼국수』も韓国の伝統的な建築様式である韓屋となっています。

 

私も慶州には行ったことがあるのですが、

流れる時間の速さが、ソウルと比べゆっくりな気がしました。

とても穏やかな気持ちでゆったりできる地域なので、

また行きたいです♪

その際は、千と千尋のカルグクス屋さんと呼ばれる

『금산재칼국수』にも行ってみたいと思います*^^*

 

 

体験レッスン・無料見学も随時受け付けております♪

↓大阪校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_umeda/contact/exp.html

↓京都校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_kyoto/contact/exp.html

↓新横浜校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_shinyokohama/contact/exp.html

韓国のお酒事情☆

 

 

안녕하세요 ~유나입니다^^

 

突然ですが、韓国と言えば皆さんは何を想像しますか?

韓国料理、ドラマ、K-POPなどなど。。。魅力いっぱいの韓国ですが、

やっぱりお酒!!ではないでしょうか!?(無理やり)

 

 

韓国のドラマや映画で、主人公たちがお酒を飲むシーン

すごく多いような気がするのですが、

私自身、韓国のお酒文化は日本とはまた違う気がします。

私は、韓国へ留学した際に、

人生で初めてリバースするまで、

飲んで飲んで飲みまくって完全に鍛えられました(笑)

本当に韓国の人たちはお酒が強いと痛感しました!

※もちろん飲めない方もいらっしゃいますよ^^;

 

基本的に韓国のお酒って度数がめっちゃ高い!(笑)

果実酒もあるのですが、

ビールよりも度数が高い場合がほとんどなので注意です><

また、「チキンにはビール」「サムギョプサルには焼酎」

「チヂミにはマッコリ」などなどこの料理にはこのお酒っていうのが

韓国は多いので、食べる料理によって飲むお酒を変える習慣も楽しいです♪

 

韓国には、ビール(맥주)はもちろん、

マッコリや焼酎(소주)などが主流ですが、

お酒をお酒で割った「爆弾酒(폭탄주)」も韓国ではよく飲まれています👀

 

特に、「ソメク」は焼酎とビールを合わせたものですが、

2つをミックスさせた後、お酒の中に片方のお箸を入れ、

もう片方でその箸をたたくと、カプチーノのような泡が楽しめるので、

カプチーノ酒と呼ばれたりします!

その他にも、なんと50種類もあるそうです!👏

ですが、飲みやすくなる代わりに、酔いやすくもなりますので、

「お酒は飲んでも飲まれるな」精神で、

韓国でも日本でもお酒を楽しみたいですね♪

 

 

体験レッスン・無料見学も随時受け付けております♪

↓大阪校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_umeda/contact/exp.html

↓京都校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_kyoto/contact/exp.html

↓新横浜校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_shinyokohama/contact/exp.html

 

韓国文学トークイベントに参加しました♪

안녕하세요 ~유나입니다^^

 

先週の土曜日、京都の同志社大学で開かれた、

「韓国文学 トークイベント チョ・ナムジュ×斎藤真理子」へ参加してきました♪

このトークイベント、非常に人気が高く、

1ヵ月前から抽選を行い、当選した方のみが参加できるという

めちゃレアなイベントなのですが、なんと当選したのです~~~!!

 

このチョ・ナムジュ作家は、ご存知の方も多いと思いますが、

韓国ではもちろん、日本でもベストセラーとなった

『82年生まれ、キム・ジヨン』の著者であり、

翻訳家である斎藤真理子さんは、

『82年生まれ、キム・ジヨン』の日本語版を翻訳されました👏

 

約1時間半ほどのイベントでしたが、

お客さんは超満員でした!!

 

今回のトークイベントでは、

『82年生まれ、キム・ジヨン』について、

この作品が生まれたきっかけであったり、

作品を通して読者に伝えたいことなど、

お二人の貴重な話を聞くことができ、

感極まって泣きそうになりました(´;ω;`)ウゥゥ

 

『82年生まれ、キム・ジヨン』をすでに読まれた方、

多くいらっしゃると思いますが、

とてもおすすめの小説です。

ネタバレになっちゃうので詳しくは話せませんが。。。

私を含め、世の中にはたくさんの「キム・ジヨン」がいると感じました。

「女性」はこういうものだ、こうでなければならないという、

長い時間の中でステレオタイプ化された思想により、

傷つき、一方では感覚が麻痺してしまったり、、、

いろんなことを諦めなければならない女性がいたこと、

そして今現在も苦しんでいる女性がいること、

女性読者は共感する部分が多いと思います。

チョ・ナムジュ作家の旦那さまはこの本を読んで、家事や育児を

がんばってくれるようになったそうです^^

このように男性読者の中には、「衝撃を受けた」、

「今まで当たり前にしてきたことが、女性をこんな気持ちにさせてしまったのか。。。」

などなど、反省を示す意見が多かったそうですよ。

ある国会議員はこの本を、

「キム・ジヨンを抱きしめてあげてください」というメッセージとともに

大統領に渡したというエピソードも非常に有名です。

 

トークイベントの中で特に印象に残っているのは、

この本を通じて、皆さんが問題意識を持ってくれたことで、

未来はきっといい方向へと変わっていく。キム・ジヨンもきっとその未来の中で救われる。

という言葉でした。

「知る」こと、そして「話す」こと、この二つが大切だともおっしゃいました。

 

参加できて本当によかったですToT

多くの人に、『82年生まれ、キム・ジヨン』を読んで頂きたいです✨

また、今年の10月に韓国で映画化することが決定しており、

大人気俳優のお二人チョン・ユミさんとコン・ユさんが主演だそうです!

公開が待ち遠しいです~><

 

 

体験レッスン・無料見学も随時受け付けております♪

↓大阪校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_umeda/contact/exp.html

↓京都校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_kyoto/contact/exp.html

↓新横浜校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_shinyokohama/contact/exp.html