ぱんくずリスト トップページ > 検定試験 > 中国語

中国語の検定試験

中国語の語学検定試験である「中国語検定試験(中検)」と「漢語水平考試(HSK)」をご紹介します。

中国語を学ぶ目的は様々だと思いますが、自分の実力を客観的にはかるためにも定期的に検定試験を受検してみるのをオススメします。アーキ・ヴォイスでは、通常レッスンの枠内で検定対策講座も実施していますので、ご希望の方は受付スタッフまでご相談ください。

中検(中国語検定試験)

□ 正式名称

中国語検定試験

□ 試験日

毎年6月・11月・3月の年3回 (ただし1級は11月の1回のみ)

□ 試験内容

リスニング・筆記試験
準4級、4級、3級、2級、準1級、1級と、スコア式のビジネス中国語検定試験があります。

□ 受験資格

制限なし

□ 実施機関

日本中国語検定協会

□ URL

http://www.chuken.gr.jp/

□ 特徴

日本中国語検定協会が1981年より実施している中国語学習者を対象とした検定試験。

日本国内では、中国語能力を測る指標として良く使われている。1級を除き、年3回試験があり、試験会場も日本全国50ヶ所以上で実施されるため、年間5万人が受験している。

1級と準1級の合格は非常に難しいため、相当の学習が必要。

□ 詳細

【 1 級 】高いレベルで中国語を駆使しうる能力の保証
高度な読解力・表現力を有し,複雑な中国語及び日本語(例えば挨拶・講演・会議・会談等)の翻訳・通訳ができること。

【 準 1 級 】実務に即従事しうる能力の保証(全般的事項のマスター)
社会生活に必要な中国語を基本的に習得し,通常の文章の中国語訳・日本語訳,簡単な通訳ができること。

【 2 級 】実務能力の基礎づくり完成の保証
複文を含むやや高度の中国語の文章を読み,3級程度の文章を書くことができること。日常的な話題での会話が行えること。

【 3 級 】自力で応用力を養いうる能力の保証(一般的事項のマスター)
基本的な文章を読み,書くことができること。簡単な日常会話ができること。
(学習時間200~300時間。一般大学の第二外国語における第二年度履修程度。)

【 4 級 】中国語の基礎をマスター
平易な中国語を聞き,話すことができること。(学習時間120~200時間。一般大学の第二外国語における第一年度履修程度 。)

【 準 4 級 】中国語学習の準備完了
学習を進めていく上での基礎的知識を身につけていること。(学習時間60~120時間。一般大学の第二外国語における第一年度前期修了,高等学校における第一年度通年履修,中国語専門学校・講習会等において半年以上の学習程度。)

HSK(漢語水平考試)

□ 正式名称

HanyuShuipingKaoshi (漢語水平考試)

□ 試験日

筆記試験3月・6月・12月 口答試験12月

□ 試験内容

筆記試験は1級~6級の6段階、口頭試験は初級~高級の3段階にレベル分けされている。

≪筆記試験≫
 1級、2級 リスニング、読解
 3級~6級 リスニング、読解、作文
≪口頭試験≫
 初級 復唱、聞き取り、読み取り
 中級 復唱、絵を見て話す、読み取り
 高級 要約、朗読、読み取り

□ 受験資格

制限なし

□ 実施機関

HSK日本実施委員会

□ URL

http://www.hskj.jp/

□ 特徴

日本の文部科学省にあたる、中国の教育部が開催している中国語試験で、中国語を母語としない中国語学習者が対象となっている。中国の公的機関が認定している唯一の中国語試験として、TOEFLの中国語版と言え、現在、88カ国で実施されている。

中国国内の大学へ留学するためには、学部・学科にもよるが、3級~6級以上に合格する必要がある。

□ 詳細

【 筆記試験 】
1級
中国語の非常に簡単な単語とフレーズを理解、使用することができる。大学の第二外国語における第一年度前期履修程度。(語彙量:150語)

2級
中国語を用いた簡単な日常会話を行うことができ、初級中国語優秀レベルに到達している。大学の第二外国語における第一年度履修程度。(語彙量:300語)

3級
生活・学習・仕事などの場面で基本的なコミュニケーションをとることができ、中国旅行の際にも大部分のことに対応できる。(語彙量:600語)

4級
中国語を用いて、広範囲の話題について会話ができ、中国語を母国語とする相手と比較的流暢にコミュニケーションをとることができる。(語彙量:1,200語)

5級
中国語の新聞・雑誌を読んだり、中国語のテレビや映画を観賞したりでき、中国語を用いて比較的整ったスピーチを行うことができる。(語彙量:2,500語)

6級
中国語の情報をスムーズに読んだり聞いたりすることができ、会話や文章により、自分の見解を流暢に表現することができる。(語彙量:5,000語)

【 口答試験 】
初級
中国語の基本的な日常会話を行うことができる。週に2~3コマ(1コマ45分程度)の中国語学習を半年から1年程行った学習者に適している。(語彙量:200語)

中級
中国語を母国語とする人たちと流暢に会話することができる。週に2~3コマ(1コマ45分程度)の中国語学習を半年から2年程行った学習者に適している。(語彙量:900語)

高級
中国語全般にわたる高度な運用能力を有し、流暢に自分の意見を表現することができる。週に2~3コマ(1コマ45分程度)の中国語学習を半年から2年以上行った学習者に適している。(語彙量:3,000語)

--- ページ上部に戻る ---

アーキ・ヴォイスとは

中国語・韓国語・英会話教室の写真語学スクール アーキ・ヴォイスは、中国語・韓国語・英会話を中心に、日常会話、旅行や映画、留学など目的に即したレッスン、またスキルアップのための資格講座など、みなさんの「したいこと」をかなえるお手伝いをいたします。

特徴

  • コミュニケーション重視
  • 多彩なレッスン・コース
  • リーズナブルな受講料
  • 駅近の通いやすい教室

スクールの場所

(大阪校)
大阪市北区曽根崎2-15−24 曽根崎東ビル6F
◆梅田ホワイティ(地下街)7-75番出口をでて隣のビル

(京都校)
京都市下京区元悪王子町37 豊元四条烏丸ビル4F
◆四条烏丸交差点から徒歩2分

(横浜校)
横浜市港北区新横浜2-5-10 楓第二ビル9F
◆地下鉄8番出口から徒歩1分

連絡先

アーキ・ヴォイスへのお問い合わせ・ご質問はこちらから。

(大阪)06-6364-0102
(京都)075-352-1101
(横浜)045-473-3102

E-Mail:info@archi-voice.jp

その他のサイト

運営会社情報

株式会社アーキ・ヴォイスは、語学スクール、翻訳、通訳、語学研修、海外進出コンサルティングなど、総合的な外国語サービスをご提供します。
運営会社サイト

サイト内検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Powered by Yahoo!検索