ぱんくずリスト トップページ > テキストの音声CDについて

テキストの音声CD 聞き方

301句(上)のCD カナタ中級1のCD

中国語テキスト『漢語会話301句』や『説漢語』、韓国語テキスト『カナタ Korean for Japanese』に付属しているCDには、MP3という形式で音声が収録されています。

収録されている音声を聞くには、通常、パソコンが必要です。シンプルなCDプレイヤーなどでは直接聞くことができないことがありますので、ご注意ください。(再生できるCDプレイヤーやハードディスクレコーダーなどもあります。)

また取り扱い方が分からない方は、以下で簡単にご説明しますので、ご確認ください。

音声CDの聞き方

  • (1) パソコンのドライブのCDを入れて、マイコンピューターをダブルクリックして開きます。

  • (2) そのウインドウの中にあるDVDドライブ(BluerayやCDドライブの場合もあり)をダブルクリックして開きます。
    ドライブのアイコン

  • (3) すると、CDの中の音声データが見えますので、聞きたい課のファイルをダブルクリック。
    音声ファイルの一覧

  • (4) すると、プレイヤーソフトが自動的に起動して、音声を聞くことができます。
    メディアプレイヤー
    (上の画像は、Windowsのプレイヤーソフト。パソコンによって違う場合があります。)

※ スマートフォンなどで聞きたい場合は、一旦音声データをパソコンにコピーして、それからスマートフォンに移動してください。(スマートフォンへの移動の仕方は、いろいろな種類がありますので、各スマートフォンの取扱説明書等をご確認ください。)

うまくいかない場合・・・

もし、上記のやり方でうまくいかない場合、解決方法をケースごとにご説明しますが、教室の受付スタッフに聞いていただいても大丈夫です。

  1. 音声データがない(みえない)。
    上記の説明の(3)のような音声データが見えない場合は、パソコンがうまくCDを読み取れなかった可能性があります。もう一度ドライブにCDを入れなおしいただくか、また別のパソコンなどで一度お試しください。それでも音声データが見えない場合は、CDの初期不良の場合がありますので、各教室の受付スタッフまでお申し出ください。

  2. 音声データをダブルクリックしても、プレイヤーソフトが起動しない。
    パソコンの設定の問題になりますので、設定が難しい場合は、まずプレイヤーソフトを立ち上げて、そのプレイヤーソフトで音声データを「開く」と聞くことができます。

  3. プレイヤーソフトは起動するが、音声がならない。
    こちらもパソコンの設定の問題になります。音量設定がミュートになっているか、音量が小さくなっている可能性が高いです。

  4. 音声データだけもらえませんか?
    申し訳ありません。著作権の関係上、アーキ・ヴォイスでコピーしてお渡しすることが出来ませんので、どうにも聞けないという場合は、各教室の受付スタッフまでご相談ください。
    または、もしノートパソコンをお持ちいただければ、直接ご説明します!

--- ページ上部に戻る ---

アーキ・ヴォイスとは

中国語・韓国語・英会話教室の写真語学スクール アーキ・ヴォイスは、中国語・韓国語・英会話を中心に、日常会話、旅行や映画、留学など目的に即したレッスン、またスキルアップのための資格講座など、みなさんの「したいこと」をかなえるお手伝いをいたします。

特徴

  • コミュニケーション重視
  • 多彩なレッスン・コース
  • リーズナブルな受講料
  • 駅近の通いやすい教室

スクールの場所

(大阪校)
大阪市北区曽根崎2-15−24 曽根崎東ビル6F
◆梅田ホワイティ(地下街)7-75番出口をでて隣のビル

(京都校)
京都市下京区元悪王子町37 豊元四条烏丸ビル4F
◆四条烏丸交差点から徒歩2分

(横浜校)
横浜市港北区新横浜2-5-10 楓第二ビル9F
◆地下鉄8番出口から徒歩1分

連絡先

アーキ・ヴォイスへのお問い合わせ・ご質問はこちらから。

(大阪)06-6364-0102
(京都)075-352-1101
(横浜)045-473-3102

E-Mail:info@archi-voice.jp

その他のサイト

運営会社情報

株式会社アーキ・ヴォイスは、語学スクール、翻訳、通訳、語学研修、海外進出コンサルティングなど、総合的な外国語サービスをご提供します。
運営会社サイト

サイト内検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Powered by Yahoo!検索