企業研修の事例

企業研修

販売店様でのスタッフ研修(1)

お客様のご要望

化粧品関連を扱うお店で中国からのお客様が増え接客の機会が多くなってきたため、中国語研修を検討。中国語を話せるスタッフは数名採用したので、それ以外のスタッフで簡単な接客ができるところまで中国語スキルを身につけさせたい。

研修内容

スタッフの皆さんがシフト制で働いておられるため、複数クラスに分かれていただき月に2回ほどのペースで研修を実施。基礎からしっかり身につける時間がなかったため、一先ず中国語の発音と実際の接客で必要となるフレーズを中心にカリキュラム、テキストを作成しました。

  • 期間・回数:月に2回(不定期)、1回90分、半年間(全12回)
  • レベル:初心者
  • 人数:1クラス3~4名、2クラス
  • 場所:大阪市内
  • テキスト:オリジナルなものを作成

中国上海への赴任のため

お客様のご要望

来年の春に中国上海の現地事務所に赴任が決まったということで、実際に赴任される方が大阪校に直接来校。中国語を勉強したことがないので不安もあり、とりあえず上海に行って困らないぐらいの中国語を身につけたい。お昼間は仕事があるので、仕事帰りに大阪校に通いたい。

研修内容

赴任までのスケジュールをお聞きすると、実質的に通えるのは7~8ヶ月ほど。
ビジネス上の商談などには専門の通訳者がつくので、中国での日常生活に支障がないように日常会話と、ビジネスマナーおよび中国独特の慣習などを中心にレッスンをしました。
また上海でも中国語教室に通い勉強するということで、中国語の発音と基本文法を繰り返し学んでいただき、上海に行かれてからスムーズに継続学習できるように配慮しました。

  • 期間・回数:週1回(赴任直前は週2回)、1回45分、7ヶ月半。
  • レベル:初心者
  • 人数:1名、マンツーマンレッスン
  • 場所:アーキ・ヴォイス大阪梅田校
  • テキスト:『漢語会話301句(上)(下)』+副教材(アーキ・ヴォイス作成のプリント教材)

中国現地子会社とのやりとりのため

お客様のご要望

中国大連に現地子会社がある機械系メーカー様。技術スタッフの出張・赴任、現地子会社への指示や会議、現地子会社で生産したものを輸入など、様々な部門の従業員の方が受講。
就業時間内の1時間を使って中国語を学ばせたい。

研修内容

本来であれば、お客様社内の部門別にクラスを分け、それぞれに最適化したカリキュラムを設計すべきでしたが、業務の関係上厳密に分けることができなかったため、一先ず中国語の発音・基礎とビジネスで最大公約数的に使用される表現・フレーズを中心に研修を行いました。
研修を行いながら受講生へのヒアリング、アンケート調査などを行い、業務で使用する専門用語、専門文書などを翻訳、カリキュラムに組み込みました。

  • 期間・回数:週1回、1回60分、12ヶ月間。
  • レベル:初級者
  • 人数:全20名ほど、3クラス
  • 場所:大阪市内
  • テキスト:『漢語会話301句(上)(下)』+副教材(アーキ・ヴォイス作成のプリント教材)

お問い合わせ

アーキ・ヴォイスの企業研修・講師派遣について、お問い合わせ、ご質問・ご相談などのご連絡は、

[ 東京オフィス(法人窓口) ]
TEL:03-3409-0004

E-Mail:info@archi-voice.co.jp

こちらの「お問い合わせ」フォームもご利用ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ご質問、ご相談はお気軽にこちらまで。ご質問、ご相談はお気軽にこちらまで。

  • 法人向けサービス
  • ブログ、SNS、フレーズ集など
  • 求人情報