韓国の七夕って!?☆☆

안년하세요 ヨンミです。

 

今週末、7月7日(日)は七夕ですね!

七夕と言えば、「織姫」と「彦星」が

1年に1度だけ天の川の上でデートをする日といわれ、

なんだかロマンティックな日ですよね♪

この時期になると街のあちこちで、

願い事を書いた短冊を笹の葉につるすといった

七夕イベントがたくさん見受けられますが、

アーキ・ヴォイスでも今年も絶賛、催し中ですよ~(*^_^*)

短冊ご用意しておりますので、

せっかくなので、韓国語で願い事を書いてみられませんか~?

 

話はもどりますが、七夕は天の川を隔てて

離ればなれになってしまった織姫と彦星が、

1年に1度だけ会うことができる特別な日ですが、

雨が降ると天の川の水かさが増してしまうため、

渡り切れずに会うことができない…。

といった悲しい状況となり、この日は晴れて~!と

思う方が日本では多いと思いますが、

一方、韓国でも日本と同じように七夕伝説があるようですが、

日本と違って、この日は晴れより雨が降ることを

望む方が多いのだとか。。。

 

何故?なぜ??

↓↓↓

さっそく調べてみました!

 

韓国では、七夕の日、7月7日を

【칠월칠석(チルウォルチルソク)】と呼ばれ、

韓国でも日本と同じようにこの日は東の空にある

キョヌビョル(牽牛)とジッニョビョル(織女)が

オジャッキョ(烏鵲橋)で1年に1度だけ

会えるという美しい伝説のある日と言われていて、

ここまでは日本と同じですよね!

 

違うポイントはここからです。

日本では、遠く離れた織姫と彦星が

天の川を渡って再会できるので、

「晴れ」を願いますが、韓国では真逆で、

雨が降る=「二人の再会の喜びの涙」

と考えられているようなんです。

なので、雨が降っていると、「2人が

無事会うことができてうれし涙を

流しているんだな、良かったね!」と

考えられているんですって!

 

この考え方も、とてもロマンティックですよね♪

この考え方から、七夕に雨が降るのも

悪くないですよね!

 

またイベント企画としては日本では、短冊に願い事を書きますが、

韓国は特にそのような風習は無いそうです。

ただ、最近では日本と同じように笹の葉に

短冊を書くイベントもちらほらやっているところも

あるのだとか??^^もしご存知の方がいらっしゃれば、

教えてください♪

 

日本の七夕にせよ、韓国の七夕にせよ、

ロマンティックな日であることには変わりませんよね!

素敵な日をお過ごしくださいませ!

そして、皆さまの願いが叶いますように…♪(*^。^*)

그럼 오늘도 좋은 시간을 보내세요~~(^o^)丿

 

体験レッスン・無料見学も随時受け付けております♪

↓大阪校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_umeda/contact/exp.html

↓京都校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_kyoto/contact/exp.html

↓新横浜校 体験レッスン・無料見学申込み↓

https://www.archi-voice.jp/kor_shinyokohama/contact/exp.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください