お土産にぴったりの工芸茶🌸

大家好~!纯です^^

 

中国や台湾、香港へ行くと、いろんな「お茶」の種類を見かけますよね。

特にお土産でも良く頂く、お花が浮かぶお茶をご存知でしょうか?

手摘みの茶葉の中にお花を包み、糸で束ねます。

お湯を注ぐと、ふわっと開いていく様子がとても綺麗なんですよね☆

一般には「工芸茶」と呼ばれていますが、発明者の汪芳生氏は

健康にも良く、芸術的に価値がある銘茶であるという意味を込めて

「康藝銘茶」と呼んでいるそうですよ~

 

工芸茶にもたくさんの種類があり、ローズや菊、マリーゴールドなど、効能もお花によって変わります。

 

見た目もかわいいので、お土産にもぴったりですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください