「皇帝」という言葉の由来

中国古代最早所称的“皇帝”是对“三皇五帝”的统称。三皇指天皇、地皇和人皇,是传说中的三个古代帝王;“帝”原来指宇宙万物至高无上的主宰者——天帝,后来许多国家混战,各自称帝,出现西帝、东帝、中帝、北帝等,使天上的“帝”来到人间,成为超越“王”的人间尊号。(也有说是部落时期的黄帝、炎帝等)。
中国古代最も早い時期、「皇帝」というのは「三皇五帝」の総称である。三皇は天皇、地皇と人皇を指し、伝説の三人の古代帝王である。「帝」は本来宇宙万物至上の主宰者—天帝を指したが、その後、多くの国が混戦した、各自帝と称して、西帝、東帝、中帝、北帝等と現れた。そして、「帝」という称呼は天から人間の世界にやってきて、「王」を超えた人間の尊称となった。(「帝」は部落時代の黄帝、炎帝等からという説もある。)

秦始皇统一全国后,自认为是“德兼三皇,功高五帝”,将“皇”、“帝”两个人间最高的称呼结合起来,为自己的帝号,从此天子称为皇帝。
 秦の始皇帝は全国を統一した後、「三皇の道徳を兼ねて、五帝の功労を超えた」と自ら思ったから、「皇」と「帝」二つ人間最高な尊称を結合して、自分の帝号となった。これから天子は皇帝と称するようになった。

中文部分摘自:中国文化网/中国概况/人民/家庭与生活方式;日文部分独自翻译。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください