語学留学について

語学留学にはたくさんの種類があります。同じ一般英語プログラムでも短期を希望する方、長期を希望する方。特定の分野、或いは職業体験を積みたい方。あなたの希望が何であれ、あなたの目的に合ったプログラムを選択しましょう。アーキ・ヴォイスのカウンセラーがあなたにピッタリのプログラムを選ぶためにお話をお聞きします。

短期語学留学

短期語学留学とは一般的に1ヶ月以内の留学を指すことが多く、休み、夏休み、冬休みなどを利用して留学する人が多いようです。短期語学留学生にとって異文化を体験し、世界中の人々と出会い、楽しむことは語学スキルを磨くことと同様に大切なことです。短期語学留学においては一般英語プログラムが主流ですが、それ以外のプログラムの短期版も充実しております。また、滞在方としてはホームステイを選ばれる人が多いようです。

長期語学留学

長期語学留学は一般的に1ヶ月から1年の留学を指すことが多く、定年退職者や大学入学を希望する人たちにも人気です。多くの人は特定の目標を持っているケースが多く、短期の留学生は観光と留学を一緒に捉えているのに対し、長期留学生は一定の語学レベル、一定のテストの点数を目標にするようです。滞在方に関しては、最初はホームステイから始め、慣れてきた時点から一人、或いはルームメイトと共にアパートメント等に引っ越すケースが多いです。

プロフェッショナル・インターンシップ

留学をインターンとして利用し、希望の分野での職業経験を積み、語学スキルの向上も同時に図るというものです。一般的にはまずインテンシブ英語プログラムを受講し、その後に希望の職場へと配属されます。勉強と仕事の割合は一般的に5:5です。また、職場の手配は語学学校、或いは自分でも行えます。このプログラムはビジネス現場で語学スキルを磨きつつ、職業体験も同時に積めるというプログラムです。

職業体験学習プログラム

ワーク&スタディはプロフェッショナル・インターンシップと似たものですが、違いは有給であるという点です。このプログラムの目的は語学を学び、カジュアルな職場でスピーキングを練習するというものです。勉強と仕事の割合は上記のプロフェッショナル・インターンシップと同様、5:5です。大抵の場合、配属先はレストランやショップなどのサービス業で、毎日英語漬けになる環境です。

ワーキングホリデイ

The International Experience Canada (IEC)プログラム(ワーキングホリデイビザ)は18歳から30歳までの特定の国出身(日本は含まれています)の人々の就労を12ヶ月間許可するものです(旅行も含む)。旅行をしつつ、職業体験と共に語学スキルを磨くことができます。また、一般的にIECプログラムに参加している人は4ヶ月就学することもできます。ワーキングホリデイとワーク&スタディの違いは、勉強と仕事の割合が5:5である条件が無いこと、またビザの条件が違う点です。ワーキングホリデイは旅行と異文化の体験を優先しつつ、旅費を稼ぎたい人達に人気です。多くの場合、このプログラムに参加する人は一定の英語力を持っているので、英語の授業を受講する必要はありません。

単科大学&大学

語学学校では無く、単科大学、大学での留学を選ぶ人も多くいます。ESLプログラム、大学入学対策プログラム、または学部生として、様々なプログラムが用意されています。単科大学、大学への留学を希望する理由としては興味のある学部を経験してみたい、あるいは語学学校よりもよりアカデミックな環境で学びたい、などが多いようです。

--- ページ上部に戻る ---

このエントリーをはてなブックマークに追加
ご質問、ご相談はお気軽にこちらまで。ご質問、ご相談はお気軽にこちらまで。

  • 法人向けサービス
  • ブログ、SNS、フレーズ集など
  • 求人情報