生徒の声

生徒さんの声 2009年7月
名前

中国に4年間留学し、帰国後実力維持のためにアーキ・ヴォイスへ通うことを決めた生徒さん。運転免許を最近取得されドライブしたり、マンガミュージアムで働きながら、中国語関連の仕事を探し中。

写真1---- 中国語を学ぼうと思ったきっかけは何ですか?

「中国の歴史が好きだったので学び始めようと思いました。」

---- 歴史が好きなんですね、特にどんな歴史が好きなんですか?

「有名ですが、三国志ですね!あれはおもしろいです!三国志以外にも本当に歴史が好きで、特に唐の時代が好きです。唐の時代は中国で一番盛んなときでしたし、経済、技術や色んな面でトップというか、今のアメリカのような感じですし、それがすごいというか・・!あと、仏教に興味あるんですよ。」

---- なるほど!三国志が好きでという方はたくさんいらっしゃいますが、中国の歴史自体が好きとは・・!それはもう中国語を習うしかないですね!


---- なぜアーキ・ヴォイスを選びましたか?

「レッスン料です!他の所はレッスン料が高かったので・・。」

写真2---- 結構色々スクール回られたんですか?

「いえ、実際スクールに来たのはアーキ・ヴォイスだけですよ。」

---- どうやって料金とか調べたんですか?

「パソコンで色々と検索して調べました。どこも結構料金が高かったですね・・。あ、あとチケットっていうのも良かったですし、チケットの値段も安かったのが決め手ですかね。」

「チケットだと休みたいときは休めるし、レッスン入れたい時は自由に入れれるしという面で習い続けることができますね!ここは講師は担任制ではないですが、先生が変わってもこちらのペースに合わせてくれるのでその点も良かったかなぁ~。」

---- アーキ・ヴォイスでレッスンをしていて何が一番成長したと思いますか?

「語彙力かな!自分の弱点を補ってもらっている感じです!」

写真3---- 前までは語彙力が弱点だったんですか?

「そうですね~会話は結構できていたんですが・・。テキストに出てくる単語は身近なものもあれば、普段使わない難しい単語とかもでてくるので習ったあとすぐにものにするというのは難しいですが、知識としては身に付いていると思います。それをレッスン中に増やしていけているので、表現の幅も広がった感じがします。」

---- それはよかったです!留学していたということもあり教科書ではなく、別の教材を使っていますが、そのテキストはどうですか?

「そうですね、留学していたときの状態で勉強ができています。テキストは色々なトピックで一冊一冊完結なのですが、物語調のもあれば、新聞記事、雑誌やインターネットの個人が書いているブログのような内容もあるので身近な中国語を学べるという感じです。」

「レッスン的にはそのテキストに関連した質問を先生がするので、まとめた上で答える力はつきます。あと、答える時にまだ言葉の順番が違ったりするのでそこを直してもらっています。やっぱり、英語と語順が同じとはいえ日本語で考えて答えようとすると間違ったりもするので・・。中国人的な思考回路で考え、答えるのが今の課題ですね。」

「テキストの内容自体はレベルも難しすぎず、簡単すぎず、自分にはちょうど合っています。中級以上のレベルでも別テキストなどで対応できるのがオススメですよ!」

写真4---- 留学生活はどうでしたか?確か4年ほど行かれてたんですよね?

「楽しかったですよ!大変なことも結構ありましたけどね・・・。そんな留学生活で好きだなぁと思った言葉は『融洽』です。」

---- どんな意味ですか?

「『この場合だと留学生同志や、現地の方との仲良しな関係、付き合いが上手くいく』といったところでしょうか。日本ではそんな関係を完結に表す言葉はおそらくないと思うのですが、良い言葉ですね。」

---- では、最後に・・何かコメントをお願いします。

「"现在我的学习环境很好." 今の勉強する環境はとてもいいです!という意味です。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ご質問、ご相談はお気軽にこちらまで。ご質問、ご相談はお気軽にこちらまで。