生徒の声-台湾の友人がいるんですよ

生徒さんの声 2004年10月(1)
名前

北海道出身。現在は呉服会社の貿易部門に勤務しながら、 中国語を学習中。 将来は中国語を生かせる仕事に就くのが望み。

「インターネットです。ここを知ったのは。 Googleで検索しました。そのときはアーキ・ヴォイスしか名前が出てこなかったですね。」

「北海道出身なんです。結婚して、今年の6月から京都に住んでいます。京都ですか?きれいなところがいっぱいあって、素敵ですよね。住んでいる間にいろいろ観光したいです。」

「中国には行ったことないんですけど、台湾には行きましたよ。まだ中国語ができないときなんですけど。心の温かい人が多いんです。食べ物もおいしいし、とてもいい印象が残ってますね。」

「友人がいるんですよ。台湾の方です。オーストラリアの語学学校で知り合いました。彼は英語と日本語を勉強していたんです。コミュニケーションは英語でしたね。ある時、その友人が日本に来ることになったんです。すごく日本語が上手になってたんですよ。偉いなあって思いました。それに比べて一度勉強しかけた中国語をあきらめてしまった自分がすごく情けなく思えましたね。」

「もともと英語は好きだったんですけど、第2外国語的に他言語を学ぼうかな、という気持ちはあったんです。それで、中国語を。」

「ここで学んで5ヶ月くらいですね。状況ですか?正直、苦しい(笑)。わかることが増えてくると、面白味も増してくるのでしょうけど、今は覚えることで精一杯なんです。」

「とりあえず、検定3級を目指しています。11月28日なんですよ。試験。あと、ちょうど1ヶ月ですね。コミュニケーションもできるようになりたいし、資格のような形に残るものも取得したいです。今ですか?対策授業中ですよ。」

「私、どこでも寝れるんですよ。もうちょっと、眠気がなかったら、もっと勉強できるのに(笑)。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ご質問、ご相談はお気軽にこちらまで。ご質問、ご相談はお気軽にこちらまで。